*

徳山地方郷土史研究第42号発行

公開日: : 素浪人 混迷の日々

徳山藩が改易になった時、再興に尽くした中山伴七(善右衛門)という町人がいました。
世子百次郎(後の第4代徳山藩主毛利元堯)から感状をいただいた程で、その感状は今も中山家に大切に保存されています。
中山家の現在の当主は中山義文さん、第15代です。
京都大学を卒業後、香港大丸の社長を務められた御歳94歳‼️お元気です
昨年、中山家に伝わる多数の古文書を見せていただき、まとめたものを徳山地方郷土史研究会の会誌に掲載していただきました。
(近々、徳山藩.comに全文掲載します)
その会誌が出来上がったので、中山さんにお届けする為、自転車‍♀️でぶらり、ぶらり‍♀️
「徳の山」の徳山を出発、「富んだ田」の富田(とんだ)の鯉のぼりを眺めて、「福の川」の福川へ‍♀️〜その先は「富の海」の富海(とのみ)です
井上馨でしたっけ、縁起のいい名前の町がずらり並んで「きっと裕福な人達が住んでる町だろう」と言ったのは
くっ〜我、年金暮らし
久しぶりに外の空気をいっぱい吸って、貧しくても幸せだぜ〜
⁉️コロナ吐き出せ
〈管理人のFACEBOOKより>
pict-IMG_1973 IMG_1976(Edited) IMG_1978(Edited)

Comment

  1. 徳山.COM 東京のファン より:

    研究会誌の内容紹介もさることながら、

    「徳の山」の徳山
    「富んだ田」の富田(とんだ)
    「福の川」の福川
    「富の海」の富海(とのみ)

    確かに縁起のいい地名ばかりっていう記述になるほど、と感心しました!

    合併等で昔からの地名、先人たちの思いが詰まった地名が無くなっていくのは悲しいですね。

    • 素浪人 素浪人 より:

      投稿をありがとうございました。
      とても励みになります。
      これからもよろしくお願い致します。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

no image
徳山の墓所についてのお願いです!

現在、徳山藩史研究家兼崎茂樹(1862-1934)作の『徳山名士墳墓掃

→もっと見る

  • info@tokuyamahan.com
PAGE TOP ↑