*

兼﨑人士氏

プロフィール

かねざきひとし、昭和21年、徳山に生れる。現在、光市在住。
地元・周南市の今宿小、住吉中、そして南陽工業高校を卒業、武田薬品工業㈱・光工場に入社。平成18年、同社を定年退職。

平成12年に、予てより関心のあった “兼﨑家一族の歴史”および“毛利徳山藩の歴史”を調べるため、徳山地方郷土史研究会に入会。神本正律先生、小川宣先生等の指導を受ける。
その過程で、同じ兼﨑一族である俳人・地橙孫の存在を知り、同会員で下松地方史研究会会長の田村悌夫氏らと共に、平成19年9月に『地橙孫顕彰会』を立ち上げた。その後 事務局長として顕彰活動を進めるとともに、兼﨑一族の家系や郷土史研究を行っている。
同25年4月より、地橙孫顕彰会会長に就任。

【所属団体】
・兼﨑地橙孫顕彰会 会長
・徳山地方郷土史研究会 副会長
・やまぐち文学回廊構想推進協議会 委員
・周南市観光ボランティアガイドの会 ガイドおよび監事
・周南文化協会 文学連盟 理事
・周南文化協会設立10周年記念誌 発行 編集委員

研究論文・報文

徳山藩士・兼﨑橙堂の足跡と家系について

藩史研究家兼﨑茂樹について(1)

藩史研究家兼﨑茂樹について(2)

遠石の歴史を語る、橋本望氏と対談

101歳の作家 秋原勝二氏

末次翁の墓碑銘について

エネルギー革命の先駆者「小川亨博士」(一)

エネルギー革命の先駆者「小川亨博士」(二)


公開日:
最終更新日:2021/02/10

no image
徳山の墓所についてのお願いです!

現在、徳山藩史研究家兼崎茂樹(1862-1934)作の『徳山名士墳墓掃

→もっと見る

  • info@tokuyamahan.com
PAGE TOP ↑